こんにちは。

火災保険請求サポート 株式会社オーシャンです。

皆様の大切な建物を保障している火災保険は火事だけではなく、他のさまざまな被害にも適用していることをご存知でしょうか?

今回の記事では皆様に火災保険で補償される様々な実例をご紹介します。

もし皆様の所有の建物に「同じような被害があるかも・・・?」と心当たりがございましたら是非ご相談ください。

まずご自身が加入されている火災保険の補償内容を確認したいときは保険証券の裏面をご覧ください。

—-保険証 例 (保険会社 楽天損保より)—-

火災保険の補償事例
(火災保険.com HPより)

各保険会社によって記載方法は違いますが火災・風災・雹(ひょう)・雪災・水災・地震などの補償の契約内容が載っています。

火事だけではなく、こんなにも補償が充実しているなんて目から鱗かも?!
契約内容の確認のためにも保険証券をご覧になってみてくださいね。

ではどんな被害が保険の請求対象なのか、主な損害の例をご紹介します。

①【地震被害】←加入している方のみ
②【台風被害】(風災)
③【大雪被害】(雪災)
④【第三者被害】(不測かつ突発的な事故)

①【地震被害】

火災保険の補償事例

基礎や外壁に地震によるひびが入っています。
大きな地震でなくとも震度4~5の地震を受けていると建物に損傷がでている可能性があります。

地震被害の申請は保険会社の指定する建物の主要構造部にこのような傷がいくつあるのか?ということがポイントになります。

②【台風被害】(風災)

火災保険の補償事例
火災保険の補償事例

ここ数年で増えた台風による被害です。

暴風雨による窓ガラス・外壁・屋根・雨どいの破損です。
これらの損傷も請求対象です。

写真は被害の大きいものを載せましたが、被害の大小関わらず請求対象になります。
屋根の上など見づらい場所も調査いたします!

③【大雪被害】(雪災)

火災保険の補償事例

雪の重さによる雨どいの変形やカーポートの破損も請求対象です。

④【第三者被害】(不測かつ突発的な事故)

火災保険の補償事例

街でよく見かけるスプレーによる落書きも第三者被害として補償されます。
誰か(第三者)によって壊されたフェンスなども請求対象です。

皆様の所有の建物で・・・

  • 震度4~5の地震の経験がある
  • 台風が何回か通り過ぎている
  • 雪に降られている

という方は是非ご相談ください!保険請求できる損害があるかもしれません。
火災保険請求 株式会社オーシャンが皆様の保険金請求をサポートいたします。

 

・入っている火災保険の内容がわからない
・建物が保険金のでる対象なのかわからない
▶お気軽にご相談ください。

・建物に損害があるのかわからない
・損傷部分が建物の老朽化なのか損害なのかわからない
・損害がいつのものか・原因がわからない
▶
調査いたします。

・保険会社への請求方法がわからない
▶丁寧にご説明します。

コンサルティング実績1300例のプロが対応いたします。


わたしたち株式会社オーシャンは火災保険に入っている建物で、請求可能な損害(台風・大雪・第三者・地震)を調査し、お客様が加入されている保険会社への請求のコンサルティングをおこなっております。

●相談無料

●調査・見積無料(ご依頼をいただくことが前提です。無責※の場合は無料となります。)

※無責…保険会社から保険金の支払いに至らなかった場合。

手数料としておりた保険金の総額から35%+消費税を頂戴しております。(一都三県の場合)
保険金がおりなかった場合は調査費用などの請求は一切ございません。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-306-6340 受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日除く)