本来受け取るべき損害保険金を、保険会社に認めてもらって、正当に受け取るお手伝いをします

これから増える台風やゲリラ豪雨に備えて・・・

  • HOME »
  • これから増える台風やゲリラ豪雨に備えて・・・

こんにちは。
建物損害請求コンサルタント株式会社オーシャンです。

夏から秋にかけて台風やゲリラ豪雨によるリスクが高まります。
特に近年では局地的な大雨による被害をニュースで多く見るようになりましたね。

今年の6月末にも鹿児島県で記録的な大雨が降り、多くの方が被害を受けました。
いま一度、避難経路や避難場所、ハザードマップの確認など、万が一の事態に備えましょう。

その万が一の事態のための備えの1つに、建物にかけている保険【火災保険】があります。火災保険は台風やゲリラ豪雨による建物への被害も補償しています。

これから増える台風やゲリラ豪雨に備えて・・・

このように火災保険は火事だけではなく【風災】【水災】などの被害も補償しています。
では具体的にどのような被害が補償されるのでしょうか?

【風災】

例)台風による飛来物によって外壁に傷ができた
例)台風による飛来物によって窓ガラスや屋根が壊れた
例)強風で外構設備(車庫・倉庫・フェンス・門扉)が壊れた

【水災】

例)豪雨による浸水で壁や床に損害が生じた
例)台風や大雨で堤防が決壊し、洪水で建物が流された
例)大雨によってトイレや台所の排水溝から逆流浸水で汚水があふれ出した

ただし床上浸水(もしくは地盤面から45センチを超える浸水)か、損害額が新価格※の30%以上という条件が付きます。
また、保険会社によっては水災の損害額は全額が補償されないものもあります。
※新価格…再築(再購入)に必要な額

【水災】に関しては加入時に外している方もいらっしゃるかと思います。

(お住まいの条件により)ご自身が加入している火災保険で何が補償されているか、意外とご存じない方がない方がいらっしゃいます。
いざという時に補償内容を知らず、「保険申請し損ねた!」ということがないようご自身が加入している火災保険の補償内容を確認しましょう。

————————————————————————————–

私たち株式会社オーシャンは皆様の加入している火災保険・地震保険の申請をサポートしています。

大きく被害があった箇所はもちろん、気づきにくい建物の損害を調査し、お客様にとって適正な保険申請ができるようお手伝いをしています。

【報酬について】

安心の完全成功報酬制。
万が一保険会社から保険の支払いに至らなかった場合は調査料などの請求は一切ございません。

火災保険や地震保険の申請についてお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-306-6340 受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社オーシャン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.