火災保険の質権設定とは?

今回は火災保険の「質権設定」について解説をしていきます。

1.火災保険の質権設定とは
住宅ローンを借り入れする際に、金融機関に対して住宅ローンなどの借入金の担保として
火災保険の保険金の権利を渡すことを「火災保険の質権設定」と言います。

質権を設定した場合、万が一、火事で建物が消失してしまった場合、
その際に支払われる保険金の受取人は金融機関となります。

2.質権を設定する理由
万が一、火事で建物が消失してしまった場合、金融機関がローンとして貸したお金を確実に回収するためです。
建物そのものに担保を設定する場合、火災で全焼してしまった場合は抵当権を実行して建物を競売にかけることができません。

3.質権設定の注意点
質権設定がなされている場合は、住宅ローンを返し終えるまでは保険金の請求権は金融機関にあります。
また保険内容の変更や契約解約についても、質権者である金融機関の同意が必要となります。

4.質権設定が減っている理由
最近では金融機関から質権設定を求められることが少なくなっています。
その理由は・・・
①金融機関が利息を受け取るため
②事務手続きの削減のため
③火災保険の契約期間が短くなったため

また金融機関は火災保険に質権を設定しなくても、抵当権に基づく物上代位権を行使して
保険金を差し押さえることができます。
また、土地の抵当権を実行してローンの返済金に充てることもできるため、
金融機関が質権を求めることが少なくなっています。

5.火災保険の申請について
株式会社オーシャンでは質権設定されている火災保険の申請サポートもおこなっています。
質権設定がなされていても、もちろん火災保険の申請は可能です。
そして保険金も一旦は金融機関に支払われますが、必要な手続きをとれば借入人が保険金を受け取ることが可能です。
(※ローンの返済が滞っていたら、金融機関から返済能力がないと判断され、借入人が保険金を受け取れない可能性もあります。)

株式会社オーシャンでは、お客様の建物に火災保険で申請が可能な損害があるか調査し、お客様の保険申請をサポートいたします。

株式会社オーシャンは火災保険で保障されている被害を全て調査し、
受け取り漏れがないようサポートいたします。
火災保険申請に関してお困りの方のお力になります。

安心1. 完全成功報酬
万が一保険がおりなかった場合は調査料などの請求は一切ございません。

安心2. サポート事例2000件の実績
10年間培ってきたノウハウでお客様の保険申請をサポートします。

安心3. 正しい保険申請
ご自身では難しい自然災害の調査をドローンや高所カメラを使用し、
お客様と保険会社にわかりやすい資料を提供します。

お気軽にお問い合わせ・ご依頼くださいませ。

—安心の2,000以上のコンサルティング例—
建物保険請求の窓口 株式会社オーシャン
https://ocean-yokohama.com/wp/lp01/

悪質な保険請求代行業者にご注意ください
https://ocean-yokohama.com/wp/vicious/

電話をお待ちしています!

PAGE TOP