2020年、株式会社オーシャンの横浜の本社から数キロメートルの横浜港にダイアモンドプリンセス号が長い間停泊することになりました。新型コロナウイルスの感染の始まりでした。その後、日本中に蔓延し、4月9日からは緊急事態宣言、ステイホームが奨励され、テレワーク、自宅でお仕事をされる方がぐんと増えたのだろうと思います。
改めてご自宅を眺め、「あの屋根の傷みはいつからなんだろう?」「あの雨どいの膨れや曲がりはいつからなんだろう?」「今まで気づいていなかったけど、外壁に何かがぶつかったような凹みがあるけどなんでなんだろう?」などと気にされる方が増えて来ています。

今までの生活では目に入って来なかったことも時間があるので気になり始めたのでしょう。
ほとんどの原因は去年の台風、過去の暴風雨なのだろうと思います。
それを証明することは易しいことではありませんが、そうではないと証明することも出来ません。
この傷みが保険金の請求対象となるかな?ならないかな?
そう思ったら、株式会社オーシャンにご連絡ください。
045-306-6340

恐らくお気づきになっていない損傷がまだあるものなのです。
そのお気づきになっていなかった痛みを発見し、気になっていた傷みを改修することはもちろん、それ以上の修繕も可能になることもあるのです。
また、その傷みが火災保険の補償対象となっていなかったとしても、株式会社オーシャンの調査費用は発生しません。